読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

カフェという場のつくり方/山納洋

書評

 ・コミュニティカフェは、サードプレイス論から見ると、かつてまちなかにあった「くつろいだ雰囲気で話ができる場」を取り戻し、地域コミュニティの再活性化を図るための取り組みと捉えられる。

・コミュニティカフェの役割は、地域社会におけるセーフティーネットという側面が特に強調されてきた。カフェが担い得る公共性には、もっといろんな方向がある。
 イノベーションの場、文化施設
・カフェをやりたいというモチベーションは、飲食店の経営がしたい、人が集える場をつくりたいか。前者はビジネス志向、後者は文化性と公共性。
・個人経営では成立しない地域において、行政に頼ることなく、みんなでカフェをシェアする
・カフェには卒業と回帰のタイミングがある
カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ

カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ