読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

グラミンフォンという奇跡/ニコラス・P・サリバン

書評

 

原則

・外国人投資家の支援を受けて現地の起業家がITを輸入する。

 
開発援助について
・発展途上国では、先進国のNPOのことをNGOという。発展途上国では政府がすべて力を持っているからだ。
・ムハマド・ユヌスの発言。雇用は正しく創造されなければ、貧困を永続させるだけだ。人間としての基本的なニーズを満たす以上の金額を稼げなければ、雇用は人々を永久的に貧困の中に閉じ込めてしまう。雇用されるよりも、資金を借りて自営する方が、そのヒトのに財政を改善する上で、ずっと大きな可能性を持っている。
・貧困国の人々が必要としているのは、お金を稼ぐ機会である。災害時の復興には人道的援助が必要だろうが、経済開発のための援助はほとんどの場合、百害あって一利なし。
・援助なしに発展途上国で成功するためには、地元の人々の関心を引きつけ、経済的な効果を示し、個人に力を与える。最後の点が最も重要だ。携帯電話を例え一人一台持てなくても、テレホンレディなどの制度で共有すればよい。
 
グラミンフォン
・電話を生産性向上のためのツールであり、所得を増加させるものとして捉えた。
グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]

グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]