読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

やっと、ホームページが1件完成。

なんだかんだいって、長い道のりだった。いや、本当に。


自分たちのWebサイトを作るのと、お金をもらって他の団体のWebサイトを作るのには訳が違うというのを改めて思い知った。しかし、それでも自分たちのWebサイトは創る前からかなりデザイン、システムを練りこんでいるから、いざはじめてみると一気に進むのだが、他の団体とのやり取りはしんどい、しんどい。


まず、「なぜ、Webサイトを作るのか」という基本的なところからスタートしないといけない。情報発信なのか、儲けたいだけなのか。でも、僕達の今回の仕事のケースはこんな理由ではなくて、「今まで更新を他の人に任せていた。でも、これからは自分でやりたい」という理由からだった。他の人に頼むには、その人の仕事の事情、気分などなど多くの理由があって、自分が「今」と思うタイミングで更新ができないことがずっとネックだったらしい。


それにしても、本当に思うのは勉強になったなということ。先方と交渉し、イメージを作り上げ、コーディングし、デバッグするなどなど。今までやってこなかった作業や、使わなかったソフトウェア、ほったらかしにしていた頭の隅っこにある断片的な知識、総動員したと思う。


今回は自分たちの知り合いということもあり、かなり破格の値段で請け負った。でも、お金を得る以上のもの、経験・知識が手に入ったというのは、何とも心強い。やっぱり、実践だよなと思う。


これはWebサイトの1本目の制作だが、既に今は2本目の制作に入っている。今は朝の5時ごろだけど、昨日も確か寝たのはこういった時間帯。でも、意外と疲れてないんだよな、不思議だ。


今のWebサイト制作はどっちかというと、デザイン面に焦点を合わせているので、今まで中途半端にしか持ち合わせていなかったイラストレーターの知識をもう一度ブラッシュアップさせるのによさそう。


さて、そろそろ帰りますか。