読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

ブラウザのナビゲーションをサイトマップで改善する。

ユーザビリティ・アクセシビリティ

先日、新聞社のナビゲーションで見るユーザビリティというエントリーの中で、id:kana-kana_ceoさんからこんなコメントをいただきました。

Web Design 早い話が、所謂ナビゲーションをコンテンツ部分に含めるべきではないということ。 / UA側で用意すべきなんだと思う。 / TVのさ、チャンネルやボリュームが、画面に生成されてて、各局独自仕様だったら使いづらいよ。

http://b.hatena.ne.jp/kana-kana_ceo/20090917#bookmark-16057232

確かにおっしゃることは一理あります。そこで、ブラウザのナビゲーションを考えてみました。

ブラウザがサイドバーでサイトマップを読み込む


行き着いたのがこんな感じ。だ、だめかなー。

sitemap.xmlなどをブラウザが読み込み、Windowsのエクスプローラー風にそのサイト構造をサイドバーに出力する。グラフィカルブラウザであればフォルダ・ファイルをクリックしてそのページに移動する。スクリーンリーダーであればフォルダ・ファイルを音声で読み上げ、該当ファイルでEnterを押す。

この機能によって、サイト内外を移動する際に、本文などのコンテンツ領域にあるリンク以外がサイドバーで操作可能なので、Webサイトのナビゲーションを取っ払うことができ、Webサイト自体が非常にシンプルなものになり得ます。

ただ、ご想像どおり問題点は山積み。

  • 大規模なサイトであれば迷子になってしまうかも。
  • 読み込むだけでも時間がかかりそう。
  • そもそもすでに似たようなアドオンやフリーソフトはありそう。
  • sitemap.xmlなどを用意していないサイトは対応できない。
  • Webサービスはどうしようか。

ただ、不可能ではないと思うし、アドオンであれば実現の可能性はあるはずなので、皆さんの突っ込みを期待したく、投稿しておきます。