読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術

書評

  心得

  1. ゴールを明確にする
  2. いま話すべき論点を問いかけ、議論を集中させる
  3. 停滞・対立には思い切って交通整理し、ドライブさせる
  4. 空中戦、思考停止ワードを避け、事実をあぶり出す
  5. 頭の中を構造化させ、本質をつかみとる
  6. 一人ひとりを気持よくして、場の空気をつくる
  7. 参加者を観察し、動き(ニーズ)に敏感になる

会議には発散と収束と共有がある

 
技術
  1. ゴールを明確にする
  2. アイスブレイク
    ex 楽しい話が得意な人に話を振る
  3. 参加者の脳を活性化させる
    • 参加者を気持よく/安心させる
      褒める、ホワイトボードに書き出す、体全体で聞き取る、批判禁止と明示する、まず肯定してから反論する など
    • 指名する
    • 思考停止させない
      カタカナ語・抽象的な用語を使わない、具体的なことを質問する、答えやすいことから質問する、司会がしゃべりすぎない
    • その発言から本質が見えるものを見逃さない
  4. ホワイトボードを活用する
    • 発散の時は箇条書き、収束の時は構造化
    • キーワードに青線、赤色で囲む
    • 箇条書きにハートや丸を使う
    • 読めさせすればいいので、ペースを落とさない
    • かすれたマーカーは捨てる
  5. 指名する
  6. まとめる
    • ホワイトボードがうまく見える化できていれば、決まったこと、次のタスクはなにか、に丸をつければOK
  7. 論点コントロール
    • 今、話すべき論点を見える化する
    • 話さない論点を見える化する(ホワイトボード右上に駐車場をつくるー枠を作って、その日には話さないことをメモ)
    • 見える化と指名で話に介入する
  8. 事実を炙り出す
    • 数値化する、言い換える、用語を定義する、なぜを3回繰り返す、現場の人に長く話してもらう、フレームワークを使う
  9. 構造化する
    • グルーピング、ツリー(サイトマップ)、フロー(流れ)、マトリクス(軸)、表、因果関係
  10. コンセプトワードをつくる
    • 無理せず会議に出てきたキーワードを拾い上げ、ホワイトボードで見える化する
    • 正確性よりも誰もが分かりやすく、インパクトがある。比喩もOK ex 刺激ある思い出、AとBの垣根打破
  11. 意思統一
1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術