読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

こうだったのか NPOの広報

書評

 

こうだったのか NPOの広報より

  • 広報とは、団体自身や団体の活動を他人に説明し、理解してもらい、共感や協力を得ること。
  • 広報は新聞、テレビ、ラジオなどのマスコミに取材され、記事や番組で紹介される。他者が知らせる。他薦。
    広告は、チラシ、リーフレット、ポスター、DM、ホームページ、ブログ、メールマガジンなど。自分自身で知らせる。自薦。

NPOの広報の強み

  • 社会性:社会的な課題の解決を目指すNPOは、同じように社会的な課題を追求するマスコミと相性がいい。
  • 共感性:相手に寄り添って課題を解決しようとするコミュニケーションが最大限に発揮されるのは、直接顔を合わせたとき。手渡しのチラシや名刺、パンフレットなどが有効。
  • 多様性:多様な課題、多様な価値観を扱うため、ネットで世界中から仲間を募れる。費用的にもお得。

新聞やテレビの連絡

  1. 図書館に行って、実物の新聞の地域面などで支局を探す。
  2. 掲載されていなければ、電話で「取材依頼をしたいのでFAX番号を教えてください」と告げる。

記者クラブの連絡

  1. 県庁の代表に電話し、県政記者クラブをお願いする。
  2. 電話の相手に「資料提供をしたいので、どうすればよいだろうか」と聞く。
  3. FAX番号を聞いて、FAXする。郵送の場合は加盟者の数だけ用意して、その部数を送る。
こうだったのかNPOの広報

こうだったのかNPOの広報