読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

『入門 ウェブ分析論』レビュー

ディレクション

入門 ウェブ分析論?アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識?

入門 ウェブ分析論?アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識?


著者のid:ryuka01さんから献本いただきました。ありがとうございます!

読み終わった本の扱い

読み終わった本はだいたい3種類に分けるようにしています。

  1. 特になにもせず、本棚にしまう。
  2. ラインを引いて、必要なところをEvernoteやブログに転記する。
  3. 会社の本棚にしまう。

1.や2.の場合は読み終わったあとに読み返すことはほとんどありません。でも、3.は違います。事あるごとにリファレンス代わりにその本を取り出します。今は、

などが並んでいます。

そして、今回『入門 ウェブ分析論』を新しく入れました!いえーい!

アクセス解析をきっちりと教えてくれる

Web関係を独学でやってきた僕にとっては、アクセス解析というのは結構難しい分野なんですよね。コードはソースを見ればよいし、デザインもある程度は判断できる。

しかし、アクセス解析というのは完全にブラックボックスなんです。大事なのは分かるんですが、なにをすればよいのかが分からない。それに今までもアクセス解析系の書籍は出版されているのですが、その多くがSEOだけ扱っていたり、Google Analyticsの紹介に終始していたり…。

そんな自分にとって、『入門 ウェブ分析論』は何のために、どのデータを、いつ、どのように取り出し、分析すればよいのかを事細かに教えてくれます。「これでマジで入門?」「本でここまで書いちゃっていいの?」というくらいノウハウが盛り沢山です。

ディレクターになったばかりの人、自分のブログをもっとアクセス数を上げたい人などなど、いろんな人にとって読んでほしい1冊です。