読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

本店と支店という考え方

NPOとIT

先日ご紹介したひょうごんでのセミナーが終わりました。スライドを公開するというふうにはいかないと思うので、その中の1ページを抜粋してどんなことを話したのかを紹介します。

次がそのスライドの内容です。

本店と支店という考え方



話したこと


英語圏のNPOにおけるWebサイトの動きを一言で表すと、本店と支店を分けるということになります。

自分たちの団体のサイトはかなりの高クオリティで制作する。それだけではなく、さまざまなWebサービスにアカウントを作り(=支店)、そのサービスの強みを生かす。そんな流れが顕著なわけです。

この動きは何も英語圏だけではありません。実験的な取り組みを行う日本のNPONGOも出現しています。

ただ、何も全てのNPOがこの動きに追随する必要があるわけではありません。クライアントを含めたステークホルダーを冷静に分析した上で最適なWebサービスを選択する能力こそが大事なのです。