読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

ドラッカーに学ぶライフハック「フィードバック分析」

実は、僕はドラッカーが大好きです。ドラッカーをご存知ない方は、Wikipediaをどうぞ。ものすごく単純に言ってしまうと、近代マネジメントの原型を作った人という感じです。


けれど、その多くの著作は小難しい経営手法ではなく、個人というものに焦点が合わせられています。その中で、現在にも通じるはずのlifehack的な手法がありますので、紹介します。ちなみに、僕は3年くらい前から半年に一度ほど実行しています。


さて、その手法は「フィードバック分析」というものです。やり方はいたって単純です。

  1. 今年、もしくは半年に一度、「現在、自分がやっている仕事」、もしくは「新しく始めた仕事」を書き出します。
  2. その各々の仕事に、「その期待する成果、目標、結果」を書き出しておきます。
  3. その書き出したデータや書類をどこかに保存しておきます。
  4. 半年後、もしくは一年後にそのデータや書類を取り出し、「その期待する成果、目標、結果」と「実際の成果」を見比べ、分析します。

すると、「自分の強み、得意なこと」、「自分の不得意なこと、弱み」、「自分の知識の蓄積」が明らかになります。また、同時に、

  • 勉強すべきこと(知的な傲慢を改めるために)
  • 改善すべきこと(自分の弱みを補えなくても、この一点だけ改善していれば、うまくいったはずの仕事もあるはず)

も分析しておきます。


その上で、その次の半年、もしくは1年にやるべき仕事を考えます。それは次のような思考のステップを取ります。

  1. 今後、3年から5年に取り組むべき仕事は何か?(組織のニーズと照らし合わせて)
  2. それがなされると、状況は変わるのか否か?
  3. それは自分がやるべきことか、それは自分の強みと一致しているか?

こういった思考のステップを踏まえ、また最初のステップに戻り、「現在、自分がやっている仕事」、もしくは「新しく始めた仕事」を書き出します。


で、これは一体何をしようとしているのか、というのが大事かと思います。これは自己分析の一種のようなもので、次のものを明らかにする効果があります。

  • 自分の得意なこと、強み
  • 強みを発揮する上で邪魔になっていること
  • 自分では強みだと思っていたが、実際はあまり強みではないこと
  • 自分の不得意なこと、弱み

ドラッカーの著作を何部か読まれた方はご存知かと思いますが、ドラッカーは

「個人は自己の強みに集中すべきだ」

という発言を一貫してしています。その一方で、

「自分の弱みを人並みにするには、自分の強みを超一流にするよりも大きな努力が必要だ。それよりも、自己の強みに集中すべきことにより、卓越した成果を上げるべきだ」

とも言っています。


また、

「組織は個人の元々の性格や才能をあまりにも軽んじている」

という発言もよくあります。(努力したからといって、何でも一流になれるわけではない、ということです)


要は、徹底的に元来自分が持っているはずの自己の強みに特化することにより、仕事で成果を上げようぜ、という考え方なわけです。


個人的には大企業のように昇進のたびに、全く専門外の部署を毎回ぐるりんぐるりんまわされるよりも、徹底的に自己の強みに特化して仕事をするのが、これからの仕事のやり方ではないかと思っています。そういう意味では、ドラッカーの考え方にすごく同意なわけです。


でも、「俺、自分の強み、弱みは絶対分かっているよ」「今更、何を。学生時代に自己分析やったじゃん」という方もいらっしゃるかと。ただ、ドラッカーは

「自分の強みを分かっているという人は大体が間違えている。弱みは分かっている人も多いが、残念ながらそれも外れていることが多い」

とも言っているわけです。


確かに、自分ではそう思っていても、周りの評価は全然違ったり、就職活動時の自己分析なんて、所詮企業へのアピールのためだけであったり、時間が経ちすぎていて、役立たなかったりするということはよくあるかと思います。


上記のフィードバック分析をなぞってもらえれば分かると思いますが、要は、

  1. 目標を立てる
  2. 仕事をする
  3. その目標と実際の結果を分析する
  4. 自己の強み、弱みが明らかになる
  5. それを生かして、次の目標を立てる

という構造になっているわけです。


僕は先ほど今年1年分のフィードバック分析を終えたところです。あんまり自分のものを公開するのは少々ためらいもありますが、一部だけ公開しておくと、自分の強みには、

  • 情報の収集、処理、分析に長けている。
  • 自分が知っている分野の知識、経験を分かりやすく、噛み砕いて相手に説明できる。

といったことが書かれており、自分の弱みには、

  • 他人とゼロからの関係を短期間で築き上げる。
  • 気が利かない、もしくはそういう行動を取るのが好きではない。

といったことが書かれています。


これらから察するに、特攻隊長的な営業やアフタフォローなどをするなどの仕事はあまり向いていないことが分かります。もしそういった仕事が振られるのであれば、営業に同行してもらい、商品の説明だけを自分で行うなどの対策が取れるわけです。


ちなみに、はじめてフィードバック分析を行う際には、うまく目標も分析もできないかもしれません。ただ、毎年行っていると、目標や分析の行い方のコツというのが分かってきます。気長に続けてみてください。


ドラッカーのフィードバック分析は、プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))が役立つことと思いますので、時間がある方はぜひどうぞ。


最後に、このエントリーに関連するリンク先を。