TRANS

神戸のNPOやソーシャルビジネスの創業・起業のお手伝い

書評

FREE

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略より ユーザに何かしらのお金を払わせることが最も難しい。すべてのベンチャーが抱える最大のギャップは、無料のサービスと1円でも請求するサービスの間にある。 フリーはサービスを最大数の人々に届けるのは最良の…

コトラー ソーシャル・マーケティング

・貧困市場をセグメント化する ・ターゲット市場の優先順位を評価、選択する ・望ましい行動への変化を決定する ・変化に際しての障壁、便益、競合を理解する ・望ましいポジショニングと戦略マーケティング・ミックスを策定する ○ソーシャルマーケティング…

こうだったのか NPOの広報

こうだったのか NPOの広報より 広報とは、団体自身や団体の活動を他人に説明し、理解してもらい、共感や協力を得ること。 広報は新聞、テレビ、ラジオなどのマスコミに取材され、記事や番組で紹介される。他者が知らせる。他薦。 広告は、チラシ、リーフレッ…

20歳のときに知っておきたかったこと/ティナ・シーリグ

演習からわかったこと(5ドルを2時間で増やす) ・チャンスは無限にある ・問題の大きさに関係なく、いまある資源を使って、それを解決する独創的な方法は常に存在する ・往々にして問題を狭く捉えすぎている 常識を破る ・時間をかけて、常識だと思われるこ…

ソーシャル・イノベーション/服部篤子

・ソーシャル・イノベーションとは不均衡な状態を打破する。 ・そのパフォーマンスは、当事者を取り巻く自分たちがどこまで遠く自分たちを連れ出せるのか、その想像力にかかっている。 財団の役割 ・チャリティではなく、フィランソロピーに焦点を絞るべき …

人を助けて仕事を創る/山本繁

・社会的課題へのアプローチは、代替(うまくいっていないものを置き換える)、補完(うまくいっていないところを補う)、強化(より強くする) ・さらに、それらのアプローチを、対象の課題にぶつかる前、直前直後、その後、と時系列で考える ・予防かセー…

最新地域再生マニュアル/山浦晴男

寄りあいワークショップ 地域再生には地域の中に伝統と創造を担う2つの歯車の組織が必要だ。 NPOが地域に溶け込めない理由は、いずれの地域にも挨拶がないまま地域に入ってしまったことだ。 小さく産んで大きく育てる、あるいは一点突破全面戦略の戦法で、地…

地域再生の罠/久繁哲之介

・地域再生の施策は提供者側の中高年男性だけで策定されることが常で、都市の魅力や問題点を発見するためには、消費者側、つまり市民の、とりわけ若者や助成の行動や会話に五感を傾ける必要がある。 ・成功事例集とは提供者の目線から事例を選び、そのよい点…

途上国の人々との話し方/和田信明・中田豊一

「朝ごはんはなにが好きですか」 好み・感情 「朝ごはんはいつも何を食べますか」 思い込み・考え・意見 「朝ごはんは今日はなにを食べましたか」 事実 Where, When, What, Who 事実を聞く How 事実を聞く場合もあれば、考えを聞くことも Why 考えを聞く → W…

有機農業で世界を変える/藤田和芳

ソーシャルビジネスの考え方 ・融資を受けることで会社の姿勢が利益を生むことのみに傾くことを恐れた。 ・市民団体は理念を高く掲げることができるが、政府や起業を攻撃しがちになり、実際の社会から乖離しかねない。株式会社は生活の現場には対応できるが…

ソーシャルビジネス革命/ムハマド・ユヌス

ソーシャルビジネスとは ・目的は、ビジネスの手法を用いて社会問題を解決する ・種類は2つ。社会問題の解決に専念する「損失なし、配当なし」の会社で、オーナーはすべてビジネスの拡大や改善に最投資する。 貧しい人々が所有する営利会社。直接所有もあれ…

市民のネットワーキング/加藤哲夫

・ワクワクはよく伝わるが、ネバナラヌは伝わりにくい。 ・ネットワーキングとは異質なるものに出会い、学ぶ方法。方法は動くことと、場。情報の量は移動距離に比例する。広場は無目的なものがよい。 ・ボランティアとは、ボランタリーな意志の発露によって…

市民のマネジメント/加藤哲夫

マネジメントのフロー 1.活動の目的や方向性をみんなで確認する 2.実現のために必要な事業、活動のアイディアを考える 3.実現のための計画を考える 4.そのために必要な組織の形を決める 5.特に経営に責任を持つ人を決定する 6.活動を進めるためのみんなで決…

ソーシャル・ビジネス/大室悦賀

企業側からのソーシャルビジネスを記した本。企業の事例を索引がわりにメモする。 四国・九州アイランドリーグ WE21ジャパン リサイクル みずほスタイル 農によるアグリコミュニティビジネス 紙屋古書店 インターネットで古書を売買、島根県 山梨日立建機株…

辺境から世界を変える/加藤徹生

ソーシャルアントレプレナーの役割 1.政府は単独では解決できない多くの社会的課題を、当事者に近い場所から解決する、それを大きく展開して広げようと発想する 2.通常の企業の行動原理では、とても始められないようなことをやる 3.エンパワーメント 社会問…

日本の田舎は宝の山/曽根原久司

・田舎では組に入っていないと、地元の人々の関係性が強固にならない。 ・空いた農地をえがおが借りて、企業に農地での作業に参加してもらう。人材研修も兼ねる。収穫した農産物はすべて企業が買い上げ、原材料として使う。1つの農地を〇〇企業ファームと名…

未来をつくる企業内イノベーターたち/服部篤子

BOPビジネスの展開方法 ・現地のグループやリーダーに研修を行い、また資金的にはマイクロファイナンスを用いて、商品販売の担い手になってもらう ・販売する商品を小分けにして量を減らすことで、貧しい人たちが買える価格にする ・世銀をはじめとする官の…

社会起業家になりたいと思ったら読む本/デービッド・ボースティン

・社会起業3.0の焦点は、年齢層を問わずより多くの人々にチェンジメーカーの発想と行動パターンを身につけてもらい、チームあるいはチームの集合体の中で力を合わせて発揮できるようにするための土台作り。アショカは組織のビジョンを社会企業という分野を生…

未来を発明するためにいまできること/ティナ・シーリグ

・質問というのはすべてフレームであり、問いの仕方を変えることで答えの幅も変わる ・リフレーミングのためには、相手の立場に立ってみること、「なぜ」で始まる質問をしてみる ・斬新なアイディアを思いつくには、自分の知識や持っているものを再編し、並…

カフェという場のつくり方/山納洋

・コミュニティカフェは、サードプレイス論から見ると、かつてまちなかにあった「くつろいだ雰囲気で話ができる場」を取り戻し、地域コミュニティの再活性化を図るための取り組みと捉えられる。 ・コミュニティカフェの役割は、地域社会におけるセーフティー…

ヒーローを待っていても世界は変わらない/湯浅誠

・民間:内容は濃いが、範囲は狭い。行政:薄く広く ・1億2千人の異なる民意があり、その中には自分とは異なる意見を持つ人のほうが多いということを前提に、最善を求めつつ、同じく最悪を回避する。つまり、近くから広げつつ、遠くへと架け橋する ・調整責…

コミュニティデザインの時代/山崎亮

・コミュニティデザインでいい塩梅のつながりぐあいがどれくらいの強度なのかを探っている。 ・人口が減少することを嘆くのではなく、それぞれのまちや流域で生活できる適正な人口規模を見据え、その人口に落ち着くまでのプロセスを美しくデザインする。 ・…

発展する地域 衰退する地域/ジェイン・ジェイコブズ

都市地域 輸入置換を得意とするようになった地域は都市になる。文化、観光、政治、宗教の中心であっても都市になれるわけではない 輸入品は都市の輸出の仕事によって稼得されたものであることが重要。そのために生産の多様化とインプロビゼーションが必要だ…

ボクの彼氏はどこにいる?/石川大我

・カミングアウトとは、自分が同性愛者であることを伝え、相手との関係性を変えていく過程 ・性のいろいろ 生物学的な性…インターセックス(半陰陽) 性自認…生物学的な性と性自認が食い違う人を性同一性障害であり、トランスジェンダー 性的指向…性的意識が…

イギリス 繁栄のあとさき/川北稔

・ヘゲモニーには、農業と鉱工業の生産、商業、金融の3つの次元が区別でき、それらすべての次元で圧倒的優位を確立した状態が本当のヘゲモニー。しかも、それぞれの優位はこの順に成立し、この順に崩れていく。 ・のちの中核の位置に到達する地域は、ニュー…

かかわり方のまなび方/西村佳哲

・ことと次第では、自分はこれまで立っていた位置から動くことや変わってしまうことも厭わない、という姿勢がファシリテーターにあるかどうか。・ファシリテーションの基本はグループサイズと問い・まずは、今日はどのあたりまで行こう、を共有し、そこへど…